■ 嵯峨治彦 ライブ情報

● 嵯峨治彦ソロ、タルバガン、Aguri、野花南ほかのライブ情報。

○ 馬頭琴・喉歌等の関連イベント情報。

内容は予告なく変更になる場合もありますので事前にご確認頂くと安心です。

お問い合わせ → のどうたの会 事務局

これまでの活動の記録は→[ 過去ログ ]

Love & Peace & Hope without Dope! 今年こそは幸せな年に。

2015年

 

●6/25(木)〜6/30(火) 札幌座 第46回公演   『 ル ル 』

原作:F・ヴェデキント「地霊・パンドラの箱-ルル二部作」 翻訳:岩淵達治
演出:橋口幸絵

出演:清水友陽、すがの公、木村洋次、山本菜穂、市川薫、
    坂本祐以(劇団千年王國)、渡邊豊大、亀井健(劇団coyote)、山口健太(箱人会議)

振付:東海林靖志  照明:秋野良太(祇王舎) 音響オペレーター:橋口幸絵
衣裳:アキヨ(jellyfish)
 美術:高村由紀子 音楽:嵯峨治彦

【あらすじ】
 貧民街で新聞編集長のシェーン博士に拾われたルルは、彼の愛人になりながらも、シェーン博士により初老のゴル博士と結婚させられる。ルルの少女のような あどけなさと奔放な色香に魅せられた写真家のシュバルツもまたルルに言い寄るが、浮気現場をゴル博士に見つかってしまう。
 激高したゴル博士は心臓麻痺により死に、シュバルツがルルの二番目の夫となるが、彼女の悪魔のような本性を知り絶望のあまり自殺してしまう。シェーン博 士はルルから逃れるため良家の令嬢と婚約するが、息子とルルの関係を疑い、嫉妬に狂った博士はルルにピストルを向ける……

【演出家より】
 「ルル」という作品の名前を最初に見たのは、古本屋で買ってきた昭和4年発行のキネマ旬報の中でした。断髪のモガスタイルで、半裸に近い格好のまま笑う ルルのポスターは、小林多喜二が蟹工船を発表し、カフェの女給のサービスが過激化する昭和初期の濃密な空気とあいまって、深く印象に残っていました。
 作者のヴェデキントがルル二部作の前編である「地霊」を発表したのは1897年のこと。情死事件も手に手を取り合う出奔もトンと聞かなくなった昨今、獣のように喰らい合う男と女の物語を舞台に引きずりだすのは、たいそう骨の折れる仕事です。もう全力です。
 ひと癖もふた癖もある、いやむしろ癖そのものの男優たちにルル役の坂本祐以が単身で挑みます。そのはてしない闘争の末に、むき出しの命の本質が透けて見える事を切に願っています。

【公演日程】
6月25日(木)〜30日(火)
25日(木)19:30
26日(金)19:30
27日(土)14:00○/18:00○
28日(日)14:00/18:00
29日(月)19:00
30日(火)14:00
※会場は開演の30分前です。
 ○印は託児あり(劇場施設内)。託児料金:一人あたり500円
予約方法:
北海道演劇財団TEL011-520-0710(平日10:00〜18:00)
予約受付期間:6月15日(月)18:00

【観劇料金】
前売・当日共通/全席自由・税込み
◎一般 3,000円
★学生 1,500円
★高校生以下 1,000円
★印は当日受付にて学生書の提示をお願い致します。

【チケット取扱い】
一般:ローソンチケット 0570-084-001(Lコード:14495)
   大丸プレイガイド 011-221-3900
全種類:北海道演劇財団 011-520-0710
    シアターZOO 011-551-0909

【会場】
シアターZOO
 (札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F TEL:011-551-0909)

舞台装置:アクトコール株式会社 映像プラン:すがの公 舞台監督:佐藤健一
宣伝美術:若林瑞沙(studio COPAIN) 写真:yixtape ディレクター:斎藤歩
プロデューサー:平田修二、木村典子 制作:松本智彦、横山勝俊(NPO法人札幌座くらぶ)

 

●7/4(土) 第21回 全道フットパスの集い in なんぽろ (関係者対象)

16:00〜 講演会/南幌町農業改善センター
・演奏会 嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌]、岡田浩安[サンポーニャ・ケーニャほか]
・特別講演 石森秀三(北海道博物館 館長)
・鼎談「北海道におけるフットパスの可能性」 コーディネーター小川巌(エコ・ネットワーク代表)

主催:第21回 全道フットパスの集い in なんぽろ実行委員会

詳細: http://enavi-hokkaido.net/event/?event_id=0000011178

 

●7/10(金) 吉川忠英 ライブ [藤乃屋カレー&ライブスペシャルvol.15]

スープカリー藤乃屋手稲店
(〒006-0813 北海道札幌市手稲区前田3条8丁目3-19 電話011-215-6222)
18:30〜カレータイム
20:00〜ライブスタート

出演:
吉川忠英(ギター、歌)
ゲスト:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

料金:¥3,500- ( チキンカレー、1ドリンク、ライブチャージ込み) 先着30名様限定
申し込み、お問い合わせ:011-215-6222
♪♪藤乃屋開店1周年記念スペシャルライブにご出演頂きました、アコースティックギター界の重鎮、吉川忠英さんが再び藤乃屋へやってきます!またあの感動のステージが観られるチャンスです。今回はゲストに馬頭琴&喉歌のスペシャリスト、「嵯峨治彦」さんを迎えてのサガチューライブです。これは必聴ですよ〜!

 

○7/11(土) ちえりあ ロビーコンサート

札幌生涯学習センターちえりあ 12:30〜13:00
出演:ポニーテールズ(馬頭琴アンサンブル)

 

●7/12(日)ふる里霊廟合同供養祭

11:30〜12:00 演奏:辻千絵(ピアノ)、嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)  花:森直子 

 

●7/17(金) カルチャーナイト in 東白石児童会館

18:30〜19:30
出演:嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌)、ポニーテールズ(馬頭琴アンサンブル)

 

●7/19(日) 「ゲルであそぼう」 〜涙、涙の最終回〜

13:00〜翌日正午
標茶町郷土館 前庭 (標茶町字塘路1−12 電話015-487-2332)
参加料:1000円 (小中学生500円)
主催:塘路口琴研究会「あそう会」
後援:標茶町郷土館

プログラム:
  13:00〜ゲル組み立て体験
  18:00〜コンサート(ムックリ、トンコリ、ホムス、馬頭琴ほか)
  21:00〜交流会
   8:00〜朝食会
  10:00〜ゲル解体体験

♪♪コンサートは日曜の夜。いろんな音楽(飛び入りOK)と、ひつじまるごと研究所のおいしい羊料理が楽しめます。テント持参や車中泊など泊まりがけでのご参加も多いです。寝袋お持ちの方はゲルの中で雑魚寝も可。なお、今年このイベントは16年続いた歴史に幕を閉じるそうです。ふるってご参加ください。

 

●7/25(土) 星直樹&嵯峨治彦 ジョイントライブ in ひいらぎ

出演:星直樹[ギター、ブズーキ]、嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌]

19:00開演 (18:00開場)
珈琲・軽食 
ひいらぎ
  (札幌市中央区大通東3丁目1-27(中通り)富士ビル1F 電話011-231-3939)
  ※地下鉄 東西線 バスセンター前駅(5or8番出口)より徒歩3分
  ※お車の方は事前予約で無料駐車場あり
料金:予約 2000円(予約優先26席) 当日 2500円  (+1オーダーお願いします)
問合・予約 :011-231-3939 (ひいらぎ)

♪♪RINKAやHARD TO FIND の活動でもおなじみのギタリスト星直樹さんとの久々の共演です。

 

●8/1(土) 第9回 さっぽろ馬頭琴ナーダム!

♪♪聞く人を幸せにする遊牧民の楽器「馬頭琴」と世界の音楽の夢の共演。
   今年はモンゴルに伝わる三味線=ショダルガと、リズミカルなアイリッシュ・スタイルのギター、そして賑やかで華やかなパリ下町のダンスミュージック! 楽しいたのしい音楽のナーダム(夏祭り)、今年も盛り上がります!

出演:

La Zone(ラ・ゾーヌ) 〜 バル・ミュゼット楽団

   中世フランスの農村で発祥し、20世紀初頭のパリ下町で大流行したダンス音楽『パル・ミュゼット』を専門に演奏する楽団。札幌を拠点に活動歴14年、2枚のCDを発表。本場との交流も盛んで、仏・日両国で仏奏者らとの共演多数。 http://lazone.jimdo.com/ 
 長嶺久美子:クロマティックアコーディオン、キャブレット(フイゴ式バグパイプ)
 小林 朋子:バンジョー
 三重野直美:ピアノ
 長崎亜希子:クラリネット、クロマティックアコーディオン
 佐藤いづみ:パーカッション他
 ダイナマイトあさの:ヴォーカル

・ 星直樹 〜 ギター、ブズーキ

   学生時代よりブルーグラスバンドでの活動を経てケルティック・バンド「HARD TO FIND」に参加する。アコースティックギターにこだわり、ブルーグラスやフォーク、アイリッシュなど様々なギタースタイルを弾きこなす。また道内では数少ないアイリッシュ・ブズーキ奏者でもあり、フィドルの小松崎操とのアイリッシュ・ユニット「RINKA」ではアイリッシュ・ミュージックに深く傾倒しながらも、独自のスタイルを追求している。バンドでの活動のほかにも、様々なミュージシャンのバックアップやギターレッスン、CD製作なども行っている。

・ コロロン・コウワ 〜 モンゴル蛇皮線 (Shodarag)

  

シンガー & モンゴル蛇皮線奏者。モンゴル出身、モンゴル音楽大学を卒業。モンゴルでモデルとモンゴル民族の音楽活動を得て、2002年日本に渡り留学生として北海学 園で4年間経済学を学ぶ。日本の生活の中日本の歌が好きになり音楽活動を再開。
NHKのど自慢に出てから2007「夢世花」「赤いバラのように」にて全国CDデビュー。音楽と共に人の心に響く癒しを…と追求している中、心と体のバラ ンスを穏やかに導くヨガと出会い、ヨガインストラクターを努める。音楽とヨガとを融合した究極の癒し、リラクゼーションを基に、モンゴルの草原からこの大 好きな日本で活動を続ける。

・ 嵯峨治彦 〜 馬頭琴、喉歌

   モンゴルの弦楽器「馬頭琴」と「喉歌」(ホーミー等)を駆使し伝統音楽から異分野コラボまで国内外で活動。ゴビの馬頭琴奏者Y. ネルグイ(モンゴル国人間文化財)から後継指名。5月公開の映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の劇伴(音楽:川井憲次)の馬頭琴を担当。
劇団千年王國「ローザ・ルクセンブルク」、札幌座「ルル」など芝居の音楽も手掛ける。

・ ポニーテールズ 〜 馬頭琴楽団

   馬頭琴ワークショップからうまれた馬楽団。ネルグイ氏の奏法を受け継ぐ「駿馬ジョノン・ハル」の合奏は迫力満点。 また他出演者とのコラボでは意外な選曲にも挑戦。楽団名は馬頭琴が弦も弓も馬のしっぽの毛で作ることに因む。
  あべみちこ、間宮まりこ、
  寺田弘美、石川志保美、嵯峨孝子
  三木砂緒里、成田まゆみ

時間:13:30開場  14:00開演
会場:サンピアザ劇場 (札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2 tel:011-890-2458)
    新札幌駅徒歩2分。駐車場2時間無料。

料金:前売 一般2,500円 高校生以下 1,000円 (当日各 500円増し)

問合・予約:のどうたの会 thro@sings.jp  電話・FAX 011−884−7129

詳細:さっぽろ馬頭琴ナーダム! web site

主催:北方諸民族文化交流2015「馬頭琴ナーダム」実行委員会、馬頭琴ワークショップ
    
のどうたの会、株式会社ワンエイトクリエーション
後援:札幌市、札幌市教育委員会

 

●8/3(月)のどうたトライアングル〜世界音楽めぐり (第275回)

三角山放送局=76.2MHz (札幌市内)
インターネット放送= http://www.sankakuyama.co.jp
 8:00〜9:00、19:00〜20:00(再放送)

ラジオニセコ=76.2MHz (ニセコ町近辺)
 17:00〜18:00

出演:嵯峨治彦

♪♪さる6月に上演された札幌座 『ルル』 のオリジナル・サウンド・トラック「地霊に捧ぐ/嵯峨治彦」の収録曲から。 

 

●8/7(金) 北広島朗読の会 響 20周年記念

演奏:嵯峨治彦

 

●8/16(日)京極町 廣徳寺 お盆法要・万灯会・ミニコンサート

14:00 〜 廣徳寺(北海道虻田郡京極町字京極615 潜龍山 tel:0136-42-2028)

ミニコンサート
出演:金石澄子(箏)、星直樹(ギター)、
    嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)、嵯峨孝子(語り、カンテレ、パーカッション)

 

●8/18(火)黒松内町 開正寺 盂蘭盆会 音楽の集い

19:00 〜黒松内町 開正寺(寿都郡黒松内町黒松内347 tel:0136-72-3064)

出演:金石澄子(箏)、星直樹(ギター)、
    嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)、嵯峨孝子(語り、カンテレ、パーカッション)

 

●8/21(金)ジャックの昼下がりダルシマーライブVol.40

15:00〜 ジャックインザボックス(札幌市東区北11条西1丁目)
出演:小松崎健(ダルシマー)、嵯峨治彦
料金:1500円(別途オー ダー)
問合:011-736-7736(ジャックインザボックス)

 

●8/23(日)ガンゲット・ダイマ

 

●9/12(土) トビウキャンプ

 出演者多数

 DANCE & MUSIC by 東海林靖志&嵯峨治彦

 

●9/13(日) 黒松内

 

●9/15(火)〜16(水) ロビン・ロイド × 嵯峨治彦 ジョイントライブ

9/15(火) みんたる(札幌市北区北14西3 電話011-756-3600)
開場 18:30  開演 19:00
料金:予約\3,000 当日\3,500 ワンドリンク付き

9/16(水) こぐま座(長沼町東2線北9 電話0123-88-1765)
開場 17:30  開演 18:00
料金:予約\2,500 当日\3,000 ワンドリンク付き

出演:ロビン・ロイド [カリンバ、パーカッション、オーバートーン・フルート]
   嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

♪♪米国系関西人(^^)ロビンさんとの久しぶりの共演です!楽しみ。楽しみ。
両日とも終演後には交流会あり(別途会費)。

 

〜ロビン・ロイド プロフィール〜

イリノイ州(USA)出身。 4 歳からドラム、 7歳からギターを始め、民族音楽(ワールド・ミュージック)を中心に学び、奏で、教えることに人生をかけてきた。

 大学卒業後、アジアを拠点に活動。 50 カ国以上を旅し、多くのミュージシャンと共に音楽を楽しみ、旅で出会う原生林や熱帯雨林、山や川、砂漠、鳥の声、動植物などからインスピレーションを得る。

  ソロでもグループでも活動し、カリンバ(アフリカ)、笛 ( アジア・ヨーロッパ ) 、尺八、三線、パーカッションなどさまざまな民族楽器に囲まれ、マルチ・プレイヤーとしての評価が高い。聴衆は 0 歳から 102 歳まで、会場はホームコンサートやお寺での演奏から文化ホールや野外の大会場までと幅広い。ワークショップも人気。また、お年寄りや障害を持つ方たちのた めの
音楽療法の 実践と普及にも努めている。マスメディアはできる限り避けつつも、 20 枚以上のCD製作に参加し、折に触れラジオやテレビでその音楽が流れることがある。 2008 年 9 月に CD 付き絵詩集『 HAPPY BIRTHDAY Mr. B! 』、 2010 年 10 月に子供の世界を描いた詩集『 1 年に 1 度のアイスクリーム』を出版。

  音楽の他、エッセイを書いたり写真を撮ったり、長い散歩をしてお気に入りの喫茶店でチャイを飲みながら本を読んだりしていると幸せ。

 

○9/17(木) ロビン・ロイドさんの音楽療法学習会
 18:30〜20:30 新十津川町総合健康福祉センターゆめりあ
 参加費:\1,000
 問合・申し込み:090-8277-7625(古館高広さん)

 

[ 過去ログ ]

 


のどうたの会事務局
thro@sings.jp