■ 嵯峨治彦 ライブ情報

● 嵯峨治彦ソロ、タルバガン、Aguri、野花南ほかのライブ情報。

○ 馬頭琴・喉歌等の関連イベント情報。

内容は予告なく変更になる場合もありますので事前にご確認頂くと安心です。

お問い合わせ → のどうたの会 事務局

これまでの活動の記録は→[ 過去ログ ]

Love & Peace & Hope without Dope! 今年こそは幸せな年に。

2017年

●6/6(火) アルバム 「 ノマディック・バケイション / 嵯峨治彦 feat. 鑑組 」 発売


詳細→
「Nomadic Vacation」

定価:1500円(税別)  (※ライブ会場での販売と通販のみ)

※ご予約いただいた方には、もれなく「毛並みの良い解説書」をプレゼント。

参加アーティストによるコメントや馬話、喉歌話、ナイアガラ話などなど役立つような役立たないような楽しいコンテンツ満載です。 ご予約の締め切りは6/6まで。

※ご予約は締め切らせて頂きましたが、解説書もセットでご購入頂けます。詳しくはこちらをどうぞ。「Nomadic Vacation」

 

アルバム 「 ノマディック・バケイション / 嵯峨治彦 feat. 鑑組 」   NV2017

収録曲:恋するカレン / 恋のどナックルボール / さらばシベリア鉄道 /
      探偵物語 / 冬のリヴィエラ (全5曲)

演奏メンバー:

嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]
井上鑑 [キーボード]
鑑組2016 
ウランバナ '極実 [リコーダー]、 島田直道 [トロンボーン]、
       
SUYAMA Jackson [ドラムス、パーカッション]、 高田勇児 [ギター]
       
日向みのり [ピアノ]、 平島慎吾 [ギター]、 安島正樹 [ギター]

録音:赤川新一、岸田充善   ミックス&マスタリング:赤川新一

♪♪ 大好きなナイアガラ作品を馬頭琴や喉歌で、というノマディック(遊牧民的)なカバーをライブで秘密裏に演奏してきた嵯峨治彦にとって、まさに晴天の霹靂!瓢箪から駒! あの井上鑑さんのプロデュースで5曲入りのミニアルバムが完成。レコーディングには、井上鑑さんのもとで音楽を学ぶ才能溢れる若手ミュージシャン集団「鑑組」の皆さんも参加し素晴らしい演奏をしてくれました。

赤川新一さんのスタジオミミズクからは、後日ハイレゾ配信も始まります。

Project Nomadic Vacation NV2017

 

●6/10(土) 馬頭琴 & ラブフルート コンサート 「 ル ン タ 」

時間:14:00 開場  14:30 開演
会場:
KOCOMATSU(恵庭市島松東町3丁目1番8号)

出演:小野昭一(ラブフルート)
   嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌、ドシプルール)

料金:前売・予約2000円(ドリンク付)、 当日2500円
問合・予約:KOCOMATSU 電話/FAX 0123-36-8881
      のどうたの会事務局 メール
thro@sings.jp

※のどうた体験ワークショップ
 14:00から同会場にて。(参加費500円) 一人二重唱に挑戦してみませんか?

facebook イベントページ https://www.facebook.com/events/599029423629776/

♪♪光と響きの心地よいスペース「KOCOMATSU」でのライブです。セッションもお楽しみに。

graphic ata are from Himalayan Art Resources web site and Waddel, L.A.: Buddhism & Lamaism of Tibet, 1894, p. 411

 

●6/15(木) RAUMA live in ひいらぎ

18:30開場 19:30開演

珈琲・軽食 ひいらぎ
  (札幌市中央区大通東3丁目1-27(中通り)富士ビル1F 電話011-231-3939)
  ※地下鉄 東西線 バスセンター前駅(5or8番出口)より徒歩3分
  ※お車の方は事前予約で無料駐車場あり

  当日は〜店主の妄想|モンゴル料理&フィンランド料理を提供予定。

料金:予約 2000円(予約優先26席) 当日 2300円  (+1オーダーお願いします)
問合・予約 :011-231-3939 (ひいらぎ)

出演:RAUMA (あらひろこ[カンテレ]、嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌])

RAUMA(ラウマ)は、"森と草原が響き合う" アコースティック・デュオ。
北欧 フィンランドの伝統楽器=カンテレの澄みきった響き、モンゴルの馬頭琴の哀切 な調べ、そして一人二重唱ホーミー(喉歌)の神秘的な音色がひとつに溶け合 い、これまでにないサウンドで幽玄な心象風景を描く。
ユニット名は、歴史的木造建築がたち並ぶフィンランドの世界遺産都市 Rauma に因む。
2009年の結成以来、日本各地で演奏活動を続けるほか、JPP、Sinikka Langeland、Kardemimmit など北欧系アーティストの来日公演ではオープニングアクトもつとめる。
2013年 フィンランドの国際カンテレコンテストで、プロフェッショナル部門第2位とマルティポケラ賞をW受賞。

 

●6/18(日) ハレバレパレット 丘の上の音楽会 in 鷹栖

開場10:00  開演10:30〜17:30  雨天決行
会場:パレットヒルズ(〒057上川郡鷹栖町17線8号)

出演者:

11:00 田上圭太&福井宏記
11:40 嵯峨治彦
12:20 the sheep
13:10 だれどこパレット
14:00 なかにしりく
14:50 ひのき屋トラベリングバンド
15:40 松本佳奈

詳細:ハレバレパレット ホームページ  https://harebarepalette.wixsite.com/home

♪♪鷹栖町の自然豊かな森の丘、パレットヒルズ。太陽の力で音楽を楽しみ、手作りのごはんやお菓子を食べながら、自然の中で五感を楽しむイベントがハレバレパレット!今年で5回目を迎えます。音楽が風と共に丘をそよぐ中で、ゆったりした1日を過ごしてみませんか?

 

●6/19(月) 真栄寿会 (関係者対象) 

 

●6/20(火) ラジオカロスサッポロ「男声合唱団ススキーノと共に」

19:00〜 ラジオカロスサッポロ(コミュニティFM)

パーソナリティ:山崎 甲子男

ゲスト:嵯峨治彦

♪♪アルバム「ノマディック・バケイション」からの曲をかけていただくほか、スタジオライブも予定しております。どうぞお楽しみに。

※サイマルラジオで全国どちらからでもお聞き頂けます。

 

●6/22(木) 札幌大谷大学 民族音楽学講義

札幌大谷大学音楽学部

♪♪音大の民族音楽学の講義でのゲスト講師。民族音楽学担当の荏原さゆり先生は、サハ常連のホムシストでもあるのです。

 

●6/25(土) 南幌によぶべぇー チャリティコンサート

14:00〜 あいくる(南幌町保健福祉総合センター)

出演:なおこバンド
    南幌中学校吹奏楽部、
    野花南(嵯峨孝子[朗読、ギター、5弦カンテレ]、嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌、ドシプルール] )

・福島の子供を南幌に招待する会
   
https://www.facebook.com/hukushimasyoutai/
・南幌キャンプ2015
   
http://nanporo-camp.jimdo.com/

♪♪「なんぽろキャンプ2017」(8月 日〜8月 日)を実行するためのチャリティコンサートで演奏させていただきます。

 

●7/1(土) AQUA NOME 2017 真夏の夜の夢

会場:原宿 クエストホール
時間:開場:15:30 開演:16:00

出演:EPO(歌)、
    鬼怒無月(ギター)、岩原智(ベース、チューバ)、渡辺亮(パーカッション)、佐藤正治(パーカッション)
    江藤有希(ヴァイオリン)、嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌、ドシプルール)
    CoCoRo*Co(Cho)PANDA, HAL, MOG, AFRO

料金:7,000円(税込) 全席指定
お問合せ:キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

詳細:EPOオフィシャルサイト

♪♪AQUANOMEって、どんな音楽? と聴かれると、うまく説明できないのは、この音楽をカテゴライズするのに、必要なラベルが、私にも見つからないからです。AQUANOMEは、音楽だけど、 みんながそれぞれに体の中に持っている、自然の美しさを見て感動する気持ちに似ているかもしれません。それは、 森を守る民の歌のような、 過去の記憶のような ある国のトラディショナルミュージックのような。 見たことや、聴いたことがない風景を、私たちはうまく言葉にできないのと似ています。 EPO

 

●7/4(火) ミュージアム・コンサート 「世界を旅するノマディックコンサート」

開場 18:30  開演 19:00

会場:北方アジア遊牧民博物館 オーリンホール
  (004-0131京極町川西304-4 NPO法人しゃがぁ 電話:050-3553-0302)

出演:カルマン (Karman) = 岡林立哉 [馬頭琴、ホーミー]、小松崎健 [ハンマーダルシマー]、トシバウロン [バウロン]
   嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:大人2800円、中高生1500円、小学生以下無料(保護者同伴のこと)

予約・問合:050-3553-0302(オーリンホール)
       090-4247-9736(岡林)

主催:NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ

♪♪モンゴルの伝統楽器=馬頭琴を中心に、アイルランド、中世ヨーロッパの楽器を使ってお届けする音楽の旅。見逃せない、オーリンホールだけの、夢の共演です!!

 

●7/8 (土) あると 10周年 記念ライブ ※詳細未定

開演18:00
会場:EVENT SALON あると  (地下鉄東西線西28丁目駅徒歩2分。Pあり。)
出演:嵯峨治彦 [馬頭琴・喉歌]

料金:1500円 (完全予約制)

問合:のどうたの会事務局 thro@sings.jp 

♪♪札幌は円山の閑静な住宅街にある、音楽好きの集う素晴らしいサロン「あると」。これまで様々なかたちで演奏させていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
この度は10周年おめでとうございます!

 

●7/9(日) サガチュウ Live in 札幌

18:30開場 19:30開演 岩本珈琲 (札幌市白石区栄通18丁目4-1 アン ロワイヤル1F)

出演:吉川忠英 [ギター、歌、喉歌]、 嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌]

料金:\3,500 (1ドリンク+お菓子 付き)

   限定20名様 要予約

ご予約・お問い合わせ:011-836-2017(岩本珈琲)

※開場後は禁煙にご協力下さい。

♪♪アコースティック・ギターの大御所にして、喉歌もうたってしまう忠英さん。久ぶりの「サガチュウ」ライブです。

■ 吉川忠英 北海道ツアー2017

◇7/7 札幌 サッポロファクトリーアトリウム ◇7/8 札幌 アジトハチャム ◇7/11 札幌 太平商工会館
◇7/12 上富良野 大地の宿 じょう舎 ◇7/13 旭川 EARLY TIMES  
◇7/15(with 井上鑑・柴田三兄妹)紋別市民会館 ◇7/17 遠軽 福祉センター ◇7/18 美幌 Petit Party
◇7/19 帯広 B♭M7中札内 文化創造センター ◇7/21 札幌 ガッチャ
◇7/23 (with なかのうづめ・嵯峨治彦)札幌 パーティハウスフィエスタ

※7/23の会場は盤渓→フィエスタに変更

 

●7/22(土) ナイト ミュージアム コンサート in 滝川

「嵯峨治彦 馬頭琴の夕べ 聞いて楽しむ英遠の世界」(※)

18:30〜 滝川市美術自然史館(滝川市新町2-5-30)

出演: 嵯峨治彦[馬頭琴・喉歌]

入場無料

問合: 滝川市美術自然史館

   TEL: 0125-23-0502 [月曜日(7月17日を除く)、7月18日休館]

詳細:http://dd.hokkaido-np.co.jp/event/053769.html (どうしんウェブ)

 

(※) 岩橋英遠展 開催中

1992年6月 撮影:岩橋崇至岩橋英遠プロフィール: 明治36年(1903年)北海道滝川村に江部乙屯田兵の長男として生まれる。北辰尋常高等小学校を卒業後、母を助けて家業の農作業に携わる。21歳のとき画家を志して上京、山内多門の塾に入る。昭和9年院展に初入選。戦前は歴程美術協会を結成して活動するなど日本画の前衛的な動きに積極的に参加した。
 戦後は安田靫彦に師事。院展を中心に斬新な感覚にあふれる作品を次々と発表する。昭和25年日本美術院・大観賞。昭和28年日本美術院同人になる。昭和43年東京芸術大学教授、昭和47年に日本芸術院賞。昭和56年芸術院会員。平成6年文化勲章を受章した。
 自然を壮大なスケールで表現し深い精神性と優れた造形で独自の画境を築き上げている。

 

●7/23(日) 吉川忠英・なかのうづめ・嵯峨治彦 ライブ in 札幌

19:00開場 19:30開演 

パーティーハウス フィエスタ (札幌市中央区南3条西1丁目3-3マルビル2)

出演: 吉川忠英 [ギター、歌]、
    なかのうづめ [歌、ピアノ]、
    嵯峨治彦 [馬頭琴・喉歌]

料金:\3,500 (要1オーダー別途 \500)

 

●7/27(木)〜29(土) 現代文学演舞 「地獄変」 札幌公演

札幌公演 日程 (全5公演)

7/27(木) 開場19:00 開演19:45
7/28(金) 開場14:30 開演15:15
       開場19:00 開演19:45
7/29(土) 開場13:30 開演14:15
        開場17:00 開演17:45

      (上演時間 約90分)  (各定員 70名)

会場:浄土宗 観音寺(札幌市中央区旭ヶ丘5丁目6-42)

芥川龍之介 三島由紀夫原作

   藪の中 葵上 地獄変 の三部作

演出:櫻井幸絵 (劇団千年王國
演出・振付:平原慎太郎 (
OrganWorks

出演:東華子、小田川奈央、すがの公(札幌ハムプロジェクト)、
   浜田純平(
ダンススタジオマインド)、平原慎太郎(OrganWorks

音楽:嵯峨治彦、小山内崇貴

照明:菅原渉吾
衣装:松下奈未

料金:爆割り 2,900円 ※6月28日12:00から30日23:59まで3日間限定
    早割り 3,500円 7日前まで
    前売り 4,000円 前日まで
    当日  4,200円

学生料金:前売り 中学生1,000円 高校生以上 1,500円
       (要学生証提示)
       前売りは前日までにメールで予約
       当日は1,000円増し

(c)photo by yixtape複数回・観覧の場合 1回3,000円 希望日時を予めご予約ください

詳細: http://conte-sapporo.com/jigokuhen/2017.php

予約・問合: info@conte-sapporo.com

♪♪昨年札幌で初演され大好評を博した、文学+ダンス+芝居+音楽のアート作品「地獄変」が、今年の夏ついに全国で再演!嵯峨治彦は小山内崇貴とともに音楽を担当。札幌市芸術祭・奨励賞受賞作品!

(c)photo by yixape(c)photo by yixtape(c)photo by yixtape

(c) photo by yixtape

 

●8/11(金) UDULBA (ウダルバ) 真夏のコンサート

出演:UDULBA = なかのうづめ [歌・ピアノ]、小松崎健 [ハンマーダルシマ]、嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌]

♪♪今年2月に「真冬のコンサート」で熱くデビューしたトリオ(新人)が、満を持しての「真夏のコンサート」をクールにきめます。歌とダルシマと馬頭琴が織り成す心安らぐ音楽のひとときをお楽しみ下さい!

 

●8/20(日) RAUMA live in cafe RAW LIFE

17:30開場 18:00開演

カフェ・ロウライフ
(北4条西13-1 ミニ大通沿)

料金:2500円(ワンドリンク付き)
問合・予約
:thro@sings.jp のどうたの会

出演:RAUMA (あらひろこ[カンテレ]、嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌])

RAUMA(ラウマ)は、"森と草原が響き合う" アコースティック・デュオ。
北欧 フィンランドの伝統楽器=カンテレの澄みきった響き、モンゴルの馬頭琴の哀切 な調べ、そして一人二重唱ホーミー(喉歌)の神秘的な音色がひとつに溶け合 い、これまでにないサウンドで幽玄な心象風景を描く。
ユニット名は、歴史的木造建築がたち並ぶフィンランドの世界遺産都市 Rauma に因む。
2009年の結成以来、日本各地で演奏活動を続けるほか、JPP、Sinikka Langeland、Kardemimmit など北欧系アーティストの来日公演ではオープニングアクトもつとめる。
2013年 フィンランドの国際カンテレコンテストで、プロフェッショナル部門第2位とマルティポケラ賞をW受賞。

 

●8/30(水) 第11回 さっぽろ馬頭琴ナーダム! 夏まつり うちわコンサート  (関係者対象)

聞く人を幸せにする遊牧民の楽器「馬頭琴」に魅せられた者たちが仲間と集う「うちわ」コンサート!

洋の東西を音楽で旅する楽しいたのしい音楽のナーダム(夏祭り)、今年はそーっと盛り上がりますよ。(関係者対象です)

日時:2017年 8/30(水) 18:00開場  19:00開演

会場:EVENT SALON あると  (札幌・円山エリア)

出演: 出演: フフ・デール、ponico.、tori tori 蒙古、ポニーテールズ、嵯峨治彦

問合・予約:のどうたの会 thro@sings.jp   電話・FAX 011−884−7129

詳細:さっぽろ馬頭琴ナーダム! web site

主催:北方諸民族文化交流2017「馬頭琴ナーダム」実行委員会、馬頭琴ワークショップのどうたの会

 

●9/3(日) Sonido del Viento & 嵯峨治彦 ライブ

新内ホール(北海道 上川郡 新得町 新内)

出演:Sonido del Viento ソニド・デル・ビエント
      Marin [ケーナ、アイリッシュホイッスル、オカリナ]、
      山本さとみ [キーボード、作曲]、
      渡辺ナベオ [ベース]
    嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:前売・予約 \1,000 高校生以下 \500 (当日券は各\300増) 定員60名

申し込み:0156-64-0532 新得町教育委員会 社会教育課 (定員になりしだい締め切ります)

♪♪「Sonido del Viento」(風の音/スペイン語)は‘心に響くサウンド'をコンセプトに2006年結成。伝統的な民族音楽のテイストをモチーフに独自の世界観で織りなす和洋折衷のサウンドは優しく力強く、聴衆を自由な旅にいざなう。震災後は東北の大地に足元を固めて原点回帰。世代や国境を越えて幅広く支持されている。仙台市を中心に関東・東海・関西各方面で活動中。

 

●9/4(月) 複式音楽鑑賞会 (詳細未定)

富村牛小中学校 (北海道 上川郡 新得町 字屈足 トムラウシ 257番地)

出演:Sonido del Viento ソニド・デル・ビエント
       Marin [ケーナ、アイリッシュホイッスル、オカリナ]、
      山本さとみ [キーボード、作曲]、
      渡辺ナベオ [ベース]
    嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

 

○9/3(日)ムジカーレ・ソアビビータコンサート vol.17

開場13:00 開演13:30  マリンホール(小樽市色内2-13-5)

出演:ソプラノ(飯田香、北島康子、窪田晶子、中田友紀)、ピアノ(岡村訓子、鎌田麻由,古屋野弘美、澤田一枝、新林真美、松本佳子、薮ひとみ)

賛助出演:朗読(石橋宜子)、馬頭琴(嵯峨孝子)

料金:一般 \2,000 学生 \1,000 (全席自由)

問合:0134-29-1408 (川越)さん)

♪♪ピアノ伴奏で朗読される馬頭琴伝説の最後に、馬頭琴を演奏します。

 

●9/9(土)トビウキャンプ / 飛生芸術祭 2017

・公式TOP    http://tobiucamp.com/
TICKETページ http://tobiucamp.com/tobiu2017/tickets/
CASTページ  http://tobiucamp.com/tobiu2017/cast/

 

●9/17(日) 絵本と音楽のコラボレーション in 帯広 (詳細未定)

出演:小寺卓也[写真・トーク]、嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

 

●9/21(木) 北方民族文化シンポジウム関連事業 〜 馬頭琴ライブ in 網走 (詳細未定)

18:00〜20:00

会場:オホーツク文化・交流センター(網走市)

出演:嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]、嵯峨孝子[朗読、ギター]

 

●10/8(日) 音と言葉のロンド第8章 〜駱駝の瘤にまたがって〜

15:00開演
エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館 (札幌市中央区南12条西6丁目414)

出演:木村功(朗読)、茂呂剛伸(ジャンベ、縄文太鼓)
ゲスト:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

プログラム(予定)
 独り芝居 「神無月」(宮部みゆき)
 縄文太鼓独奏
 馬頭琴独奏
 コラボレーション
 「駱駝の瘤にまたがって」(三好達治)
 ことばあそびうた ほか

校正・演出:木村功  照明:佐藤律子  美術:福田舞台  舞台監督:阿部一恵
主催:渡辺淳一文学館  企画:木村功  後援:札幌市・札幌市教育委員会

料金:\3,000 1ドリンク付き (下記にてご予約下さい)
    問合:電話 011-551-1282 渡辺淳一文学館
    市内プレイガイド/大丸・道新

※アクセス
 鉄南北線 中島公園駅下車 3 番出口より徒歩8分(駅ホーム真駒内寄りのエスカレーターからお上がりくださ い。)
 市電 中島公園通より徒歩3分
 お車の方は、近隣の駐車場をご利用ください。

 

 

[ 過去ログ ]

 


のどうたの会事務局
thro@sings.jp