f

■ 嵯峨治彦 ライブ情報

● 嵯峨治彦ソロ、タルバガン、Aguri、野花南ほかのライブ情報。

○ 馬頭琴・喉歌等の関連イベント情報。

内容は予告なく変更になる場合もありますので事前にご確認頂くと安心です。

お問い合わせ → のどうたの会 事務局

これまでの活動の記録は→[ 過去ログ ]

Love & Peace & Hope without Dope! 今年こそは幸せな年に。

2016年

 

●5/10(火) 桜と音と詩の夜想曲 時の記憶〜一期一夜

18:00開場 18:30開演
BbM7(ビーフラット・メジャー・セブン) 帯広市西1条南10丁目2 マスヤビル地下)
料金:2000円
主催:ESPACIO☆星の野原
後援:帯広市
協力:日曜喫茶館・お茶を楽しむ会十勝

一部 「世界のどこかで桜は咲いている」
    講演:峰村剛
二部 映像と音と朗読
    朗読:大住邦宏 演奏:嵯峨治彦

♪♪桜を求めて国内はもとより世界45カ国を巡り、桜に関する本も著された峰村さんが、桜の歴史や国内外の旅を通じて撮られた映像も交えながらお話をされます。後半は、桜の映像と大住さんによる詩、そして嵯峨の音楽のコラボレーションをお楽しみいただきます。 

 

●5/15(日) 第19回 山菜てんぷらパーティ in 平取

・山菜の見分け方説明会(10:00〜11:00)
・山菜天ぷら食べ放題(20種)
・野外コンサート(出演者多数)
・物販コーナー(※持ち込み販売希望者は事前に連絡を)

会場:平取町(びらとりちょう)岩知志68-4 特設会場
                (地図は
こちら 。念のため google map も。)

料金:1,300円
出演:ミュージシャン多数 飛び入り歓迎(1グループ10分前後)
主催:やっ太郎かい
協力:エコネットワーク、のどうたの会、みんたる、楽禅堂、ノーザンクロス、平取町

問合:01457-3-3134(仁世宇園 / 佐々さん)

♪♪毎年恒例の超人気野外イベント。平取の大自然の中で、採れたての山菜をその場で天ぷらにして頂きます。野外ステージではアコースティックなライブ!出演者募集中!楽器持っておいで!

※雨天決行。もし雨が降っても、天ぷらもライブも特設ドーム会場(ビニールハウス)でやります。

 

RAUMA関東ツアー

RAUMA (あらひろこ[カンテレ]、嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌])

●5/19(木)RAUMA@Grain(東京・高円寺)

●5/21(土)後 しおんチャペルコンサート(東京・東久留米)
下里しおん保育園(東京都東久留米市下里7丁目8−20 tel 042-474-2910)

●5/22(日) Dularinn+RAUMA@Eggman tokyo(東京・岩本町)
18:30open/19:00start
Eggman tokyo east
出演:Dularinn(岡本千佳[バウロン、笛、ボーカル]、権藤英美里[フィドル]、
   木村林太郎[ケルティックハープ、ボーカル])
   RAUMA(嵯峨治彦[馬頭琴・喉歌]、あらひろこ[カンテレ])
料金:予約3,090円  当日3,400円(1ドリンク付き)

●5/23(月) ねこのてワンコイン・ライブ「カンテレと馬頭琴・のど歌の世界」
午前10:45〜11:45(開場10:30) 東田端ふれあい館(JR田端駅北口より徒歩3分)
料金:大人500円、子供無料 ※ご予約をお願いします。nekonote2828@gmail.com  

 

●5/20(金) 嵯峨治彦 コンサート  in 関東  ※関係者対象

 

●5/25(水) 北星学園大学総合講義 「喉歌との出会い、馬頭琴での出会い」

10:30〜12:00 北星学園大学(札幌)
講師:嵯峨治彦
対象:心理・応用コミュニケーション学科3年生

 

●5/27(金)〜29(日) 現代文学演舞 「地獄変

浄土宗 もいわ山 観音寺 本堂 (札幌市中央区旭ケ丘5-642 電話011-561-7672)

27(金) 夜:開演19:30
28(土) 昼:開演14:00
      夜:開演18:30
29(日) 昼:開演14:00  ※開場は開演30分前。

演目:「地獄変」 (原作:芥川龍之介)
    「藪の中」 (原作:芥川龍之介)
    「葵上」 (原作:三島由紀夫)

出演:平原慎太郎、浜田純平、彦素由幸、東華子、小田川奈央
振付:平原慎太郎
演出:橋口幸絵、平原慎太郎
音楽:嵯峨治彦、小山内崇貴
照明:菅原渉吾
衣装:松下奈未
舞台監督:上田知

料金:前売り2,800円 当日3,300円 学生2,300円
    各回定員70名

詳細:公演ウェブサイト http://conte-sapporo.com/jigokuhen/

予約・問合: info@conte-sapporo.com

♪♪ダンス、演劇、文学・・・観音寺で起こる、地獄変。小山内さんとともに音楽を担当します!

 

●6/3(金) 音楽と語り「野花南」 live in Lakura

18:30開演 Lakura (札幌市中央区南4条西9丁目1009-3)

出演:野花南(のかなん) ・・・ 嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌]、嵯峨孝子[語り、他]
ゲスト:鳥居はゆき [pf]

料金:\2,000 (別途飲み物のご注文をお願いします)
   高校生以下 \1,000 小さいお子さん膝上無料

演目: 朗読+音楽 「白い馬の馬頭琴伝説」、「金子みすゞ の作品から」
     馬頭琴 「駿馬ジョノン・ハル」 
     ハカス民謡+α 「ぱかじゃぁ2016」
     馬頭琴+ピアノ 「白鳥」 ほか

※交流会:終演後、同会場にて。会費\4,000で料理&飲み放題。

♪♪西日本ツアーから帰ってきて最初の野花南ライブです。ふかーくリラックスできる落ち着いた「蔵」の空間 Lakura で、音楽と語りの共演をお楽しみください。鳥居さんのピアノとの共演もどうぞお楽しみに!交流会もぜひどうぞ。

 

●6/9(木) 札幌大谷大学 民族音楽学講義 (関係者対象)

札幌大谷大学音楽学部

♪♪音大での民族音楽学の講義でのゲスト講師。民族音楽学担当の荏原さゆり先生は、サハ常連のホムシストでもあるのです。

 

●6/12(日) 辻千絵・嵯峨治彦 ジョイント・コンサート 【 満 員 御 礼 】

15時開演
カフェふらっと(札幌市西区西町北20丁目5の6 電話011-590-1080)

出演:辻千絵(ピアノ)、嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌・ドシプルール)

料金:2000円(ドリンク・ケーキ、またはアルコール・おつまみ付) 限定27名様。 SOLD OUT

♪♪ピアニストの辻さんとのジョイントコンサート。アジアの名曲はもちろん、クラシックの作品もご一緒させていただきます。

 

●6/16(木) JaXon  ライブ  in 夕張

19:00〜  郷愁の丘ミュージアム(夕張市高松7)

出演:JaXon ・・・ ピアノ
   
ゲスト:高塚めぐみ(箏)、二宮規一(トンコリ)、なみ(歌)、畠中秀幸(フルート)、畠中さおり(クラリネット)、嵯峨治彦 ( 馬頭琴、喉歌)、嵯峨孝子(朗読)
スペシャルゲスト:中西圭三(ボーカル)、MASAKO(ボーカル)
料金:3,000円

 

●6/18(土) 草舞弦 with 野花南 〜三味線と馬頭琴のコラボレーション〜

18:00開場  18:15開演 北24条会館(札幌市北区24条西3-3)

出演:
草舞弦 (杉中久夫 [三味線、ディジュリドゥ]、ゆう呼咲亜弥 [うた、舞、タンプーラ] )

札幌在住の草舞弦(ソウブゲン)はタンプーラとの共演が特徴的な三味線ユニットです。国内外にて 様々な民族楽器奏者の融合など 国境を越えた三味線をお楽しみいただけます。アンビエント音楽、インドのラーガやアラビックスケールなど 三味線の深い響き、そして日本のスケールにも よく調和するタンプーラ。 アボリジニジャプガイ民族から伝授されたディジュリドゥ ジャングルの音色からアンビエントまで。

杉中 久夫
三味線奏者。国境を越えた三味線の音色。札幌出身 札幌在住。幼少よりヤマハにてエレキギターを学ぶ。20才で三味線 福士流に師事。28才の時 三味線ユニット草舞弦(ソウブゲン)にて 独立。インド楽器タンプーラとの融合が特徴的、アンビエント系から 民族系、津軽三味線まで。スイス、スペインにても活動中。

ゆう呼 咲亜弥 ( ゆうこさあや)
タンプーラ奏者、歌、舞 。幼少より西川流にて 日舞を学ぶ。学生時代は苫小牧合唱団所属。西川鯉蔵率いる舞踊団時代を経て 1996年 草舞弦(ソウブゲン)として 杉中と共に独立。デ二シュ チャンドラ師よりタンプーラを授かる。(タンプーラ、倍音増幅反響板の役割の 伴奏専門楽器インドのドローン弦楽器)

    野花南 (嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]、嵯峨孝子 [朗読(日本民話)、ギターほか] )

語りと生演奏を緻密に融合させた独自のスタイルで幅広いジャンルを演じ、全国各地でライブ活動を続けている。

料金:2,000円
予約・問合:のどうたの会事務局 
thro@sings.jp 電話・FAX 011-884-7129

♪♪草舞弦と野花南。これまでの共演も大好評。今回も、和の世界に様々な民族音楽の要素を融合する素敵なライブになりそうです。

 

●6/19(日) つきのさんぽ & 嵯峨治彦 ライブ 「世界をめぐる」

19:00開場 19:30開演
OYOYO (札幌市中央区南1西6第2三谷ビル6F)

出演:世界旅行音楽団 つきのさんぽ
       小林瑠衣 [vl]、福由樹子 [pf]、齋藤森五 [g,mandolin]、
       朝倉'Oshow'尚和 [b,tin whistle]、出田寿一 [perc.
    嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,500円 (別途1ドリンクご注文をお願いします)
問合:
sanpo_tsukino@yahoo.co.jp
主催:(株)Jプロモーション

 

●6/21(火)   JaXon & 嵯峨治彦スペシャルライブ  ♪ピアノと馬頭琴 天使が舞い降りる初夏の彩♪

19:00〜 日本キリスト教団 島松伝道所 (恵庭市島松東町4-1-8 )

出演:JaXon(ピアノ)、嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)
ゲスト:長沼ポエティカOrchesrta/高塚めぐみ(箏),二宮規一(トンコリ)、吉川なみ(声)、嵯峨孝子(語り)

料金:前売 2,000円 当日2,500円
問合・予約:e-mail info@jaxon.jp (JaXonプロジェクト) thro@sings.jp (のどうたの会) 

 

●6/22(水)清田区ロビーコンサート 「馬頭琴と喉歌」

12:30〜12:55 清田区役所(札幌市清田区平岡11丁目2-1 )1F西側ロビー

出演:嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌)、嵯峨孝子(ギター) 

入場無料(当日、直接会場へお越し下さい)
問合:地域振興課地域活動担当係(電話
011-889-2400 内線256

 

●6/24(金) JUNE 24th LIVE in D-BOP

20:00〜 LIVE&BAR D-BOP (札幌市中央区南1条19丁目山晃ハイツB1F tel:011-613-3999 直通 090-5070-2354)

出演:なかのうづめ(歌・ピアノ)、町田拓哉(ギター)、嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌)

料金:2000円(要オーダー)

 

●6/26(日) 南幌によぶべぇー チャリティコンサート

14:00〜 あいくる(南幌町保健福祉総合センター)

出演:なおこバンド、南幌中学校吹奏楽部、嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌・ドシプルール)

・福島の子供を南幌に招待する会
   
https://www.facebook.com/hukushimasyoutai/
・南幌キャンプ2015
   
http://nanporo-camp.jimdo.com/

♪♪「なんぽろキャンプ2016」(8月4日〜8月9日)を実行するためのチャリティコンサートで演奏させていただきます。

 

●7/3(日)  真知亜@N響.nakama.(ヴァイオリンの魅力)  in  福井県おおい町

開場13:30 開演14:00 おおい町里山文化交流センター ぶらっとホール

出演:齋藤真知亜[ヴァイオリン]、安宅薫[ピアノ]、嵯峨治彦[馬頭琴・喉歌]

料金:一般1,000円、高校生以下500円 ※全席自由 未就学児入場不可

詳細:facebook イベントページ https://www.facebook.com/events/1317854734909730/

♪♪NHK交響楽団第一ヴァイオリン・フォアシュピーラー(次席奏者)の齋藤真知亜 氏が、幼い小さな手で初めてヴァイオリンを弾いた日から今日に至るまでの軌跡を名曲と共に辿るコンサート。真知亜氏の親しみ溢れるお話と共に、“おんが く”の楽しさをたっぷりと堪能。馬頭琴との共演にも注目!

三井住友文化財団:地域住民のためのコンサート

 

●7/9(土)・10(日) 韓国 第22回 チャンム(創舞)国際芸術祭 ChangMu International Arts Festival

ソウル (7/27にはコソンにて公演)

♪♪韓国で開催される国際的なダンスフェスティバルで、舞踊家=金梅子(キム・メジャ)さんが主催するチャンム会のキム・ミソン(振付)の作品に、韓国の音楽グループ「ナム(木)」とのコラボレーションで参加。

金梅子(キム・メジャ)さんとは、2009年に細野晴臣・三上敏視・鎌田東二・高遠彩子の楽団に参加してソウルを訪れ、チャンムのみなさんと共演させていただいたことがありました。

 

●7/15(金) ウパシクマ ライブ in 新得

18:30開場 19:00開演
新内ホール(新得町)

出演:ウパシクマ(佐伯雅啓、居森やよ美、片岡奈美) ブズーキ、ハンマーダルシマ、ギター、馬頭琴、カリンバ、歌

ゲスト:おおたか静流(歌)、児嶋佐織(テルミン)、嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

料金:1,000円 当日1,500円 (定員80名)
問合:電話0156-64-0532(新得町教育委員会社会教育課)

主催:新得町文化・スポーツ振興基金運営委員会
後援:新得町教育委員会

♪♪アジア・アフリカなどのさまざまな民族楽器を用いて演奏する広島のベテランバンドが、スペシャルゲストとともにやってくる!

 

7/17(日) ゲルで”また”あそぼう

13:00〜 標茶町塘路 標茶町郷土館前

タイムテーブル

17日(日)
 13:00〜 ゲル設営 ゲル建て体験
    〜〜途中のんびりする〜〜
 17:00〜 世界の料理 
 18:00〜 コンサート 飛び入り歓迎!
 終ったら ゲルで打ち上げ〜  
※打ち上げは大人のみ、500円 持ち込み歓迎! そのまま、ゲルで寝ちゃっていいよ。

18日(月)  朝になったらゲルを撤収。おしまい〜 

参加費:大人1,000円、 中学生以下 500円

詳細: https://www.facebook.com/events/1117697321621868/ (フェイスブックイベントページ)

♪♪昨年、最終回を迎えた「ゲルで遊ぼう」 主催して頂いていた「口琴研究会・あそう会」に代わり、取り巻きスタッフによって「ゲルで”また”遊ぼう」として1回限りの復活です! みんなでゲルを建て、世界の民族料理を食べ、世界の音楽を聴く。打ち上げはゲルの中で。飛び入り参加大歓迎!出たとこ勝負のライブイベントです。。

※今回、嵯峨治彦は参加できません・・・。ひま研の美味い羊を食べながらの極楽野外音楽イベント。すべての音楽ファン、モンゴルファン、羊ファン、道東ファン、アウトドアファン、、、のみなさん、おすすめですよ!

 

●7/17(日) マーダル・ワークショップ・コンサート

13:00開場 13:30開演 桜座(高知市佐川町)

出演:マーダル・ワークショップ

ゲスト:さわむらしげはる(歌、ギター)、井山あきのり(ピアノ)、大町美樹・草代(東インド古典舞踊オリッシー)、
    嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

料金:前売\2,000 当日\2,500 (小中高 前売\1,000 当日\1,300)

問合:サードアイ

♪♪ネパールの太鼓「マーダル」に取り組みながら、伝統楽器へのリスペクトだけでなく、そのさらに背景にある音楽の大切さ、人が集うことの大切さを、ものすご く楽しい形で具現化されている一大イベント。ワークショップを始められた故北添茂さんの意志がご家族・出演者の皆さんに受け継がれていて、突き詰めていく 縦軸と広げていく横軸のバランスにはいつも感心させられます。実は「さっぽろ馬頭琴ナーダム」がお手本にしているコンサートなんです。

 

●7/18(月・祝) 嵯峨治彦のお馬さんを愛でる会♪??*¨*?.,? ,.?*¨*??♪

18:30開場 19:00開演 ギャラリー Laku (徳島市南新町2-12)

出演:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌、ドシプルール)

ゲスト:馬の宅Q便(上甲 ヒロコ、ヤスイマサヨ、立岡 恵利砂)
    
タタータ(kazuta、 mochita、 masata)

料金:2,000円 (ドリンク別)
主催:馬の宅Q便、タタータ  協力:椿ダイナー
詳細:フェイスブック イベントページ 
https://www.facebook.com/events/1641124009542373/

♪♪徳島在住の馬頭琴奏者=三谷昌世さんがライブを主催してくれました。(フェイスブックイベントページより→)日本人 馬頭琴奏者であり喉歌奏者である嵯峨治彦氏を迎えて、徳島では久しぶりのライブを開催します。日本広しと言えども彼でしか紡ぐことの出来ない唯一無二の馬頭琴の音色、そしてついついクスっと笑ってしまう独特の嵯峨ワールドをお楽しみください!絶対絶対絶対絶対、来てね♪

 

●7/27(水) 韓国 第22回 チャンム(創舞)国際芸術祭 ChangMu International Arts Festival

コソン市 (7/9、10はソウルで公演)

♪♪韓国で開催される国際的なダンスフェスティバルで、舞踊家=金梅子(キム・メジャ)さんが主催するチャンム会のキム・ミソン(振付)の作品に、韓国の音楽グループ「ナム(木)」とのコラボレーションで参加。

 

●8/6(土) 第10回 さっぽろ馬頭琴ナーダム! 夏まつりコンサート

聞く人を幸せにする遊牧民の楽器「馬頭琴」と世界の音楽の夢の共演。
記念すべき第10回は、アイリッシュ・フィドルとブズーキ、ギター、日本の唄、舞、三味線、ディジュリドゥ、タンプーラ、そして馬頭琴と喉歌が登場。
洋の東西を音楽で旅する楽しいたのしい音楽のナーダム(夏祭り)、今年も盛り上がりますよ。

出演:

RINKA (リンカ) 〜 アイリッシュ音楽

   アイルランドに伝わる美しいメロディと、様々なリズムのダンス曲、オリジナル曲などを中心に幅広いレパートリーを持つデュオ。アイルランドの伝統音楽に深い愛情と敬意を抱きつつ、独自の音楽を追究し、札幌を拠点に全国各地で演奏活動をおこなっています。
※RINKAは、アイルランド語でダンスを意味する言葉「rince(リンカ)」に由来します。

http://rinka-irish.jimdo.com/

<メンバー>
 小松崎操: フィドル
 星 直樹: ギター&ブズーキ

草舞弦 〜 唄、舞、太棹三味線、ディジュリドゥ、タンプーラ

   民族楽器に独自の演奏法を加え、常に新しい音、音楽を創造し続けるアーチィスト草舞弦。札幌を拠点に世界をまわり、新たな三味線の可能性に挑み続ける。ゆったりした音色から躍動感ある音楽まで幅広い音楽シーンを創造している。

https://www.facebook.com/Soubugen/

<メンバー>
 ゆう呼さあや:歌 , タンプーラ , 舞 , パーカッション
 杉中久夫:太棹三味線 、ディジュリドゥ

・ 嵯峨治彦 〜 馬頭琴、喉歌、ドシプルール

   伝統音楽から異分野とのコラボまで国内外で音楽活動を続ける札幌の喉歌・馬頭琴奏者。 Y.ネルグイ(モンゴル国無形文化財)から馬頭琴の後継指名。等々力政彦との"タルバガン"はユネスコ主催第3回国際喉歌コンテスト外国人部門優勝。野花 南(w/嵯峨孝子[語り])、RAUMA(w/あらひろこ[カンテレ])、EPOユニットAQUANOME、おおたか静流とASIAN WINGSなどでも活動中。のどうたの会代表。松任谷由実、鼓童、河井英里、川井憲次ほかレコーディング参加多数。

http://www.tarbagan.net/saga/

・ ポニーテールズ 〜 馬頭琴楽団

   馬頭琴ワークショップからうまれた馬楽団。ネルグイ氏の奏法を受け継ぐ「駿馬ジョノン・ハル」の合奏は迫力満点。 また他出演者とのコラボでは意外な選曲にも挑戦。楽団名は馬頭琴が弦も弓も馬のしっぽの毛で作ることに因む。

 新メンバーも募集中!

時間:13:30開場  14:00開演
会場:サンピアザ劇場 (札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2 tel:011-890-2458)
    新札幌駅徒歩2分。駐車場2時間無料。

料金:前売 一般2,500円 高校生以下 1,000円 (当日各 500円増し)

問合・予約:のどうたの会 thro@sings.jp
       電話・FAX 011−884−7129

詳細:さっぽろ馬頭琴ナーダム! web site

主催:北方諸民族文化交流2016「馬頭琴ナーダム」実行委員会、馬頭琴ワークショップ
    
のどうたの会、株式会社ワンエイトクリエーション

後援:札幌市、札幌市教育委員会

「ウマウマウマ!馬頭琴特別シリーズ」 第2弾です!

 

●8/11(木) 遠野郷八幡宮 鳩集殿 改修記念コンサート

開場 17:30 開演 18:00
遠野郷八幡宮 鳩集殿 (遠野市松崎町白岩23-19 電話0198-62-2647)

出演:嵯峨治彦[馬頭琴、喉歌]
    Cosmys(コスミス)・・・Sachi[歌]、大久保正人[ギター、尺八、篠笛]、木下義則[パーカッション]
ゲスト:嵯峨孝子[朗読] スーホの白い馬
入場無料

 

●8/20(土) なかのうづめ & 町田拓也 & 嵯峨治彦 ライブ in ガッチャ

ガッチャ札幌市中央区南2条西1丁目  電話 011-221-1007 )

出演:なかのうづめ(歌・ピアノ)、町田拓哉(ギター)、嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌)

料金

♪♪6月のLIVE&BAR D-BOPさんでのライブでは、うづめさんのオリジナル作品はもちろん、S本Q、T川J、O瀧A1さんのカバーや、スコットランドやシベリア・トゥバの伝統曲まで実にいろいろな曲を演奏。三者それぞれが前に出たり後ろに引いたりのタイミングが絶妙で、なんか自然に流れていくというか、とても楽しく気持ちよく演奏させていただきました。

好評につき今度は会場を狸小路1丁目のガッチャさんに変えての再演です。ご期待下さい。

 

●8/27(土) JaXon & 嵯峨治彦ライブ in ポエティカ

 

●9/3(土) ロビン・ロイド & 嵯峨治彦 ジョイントライブ

みんたる(札幌市北区北14西3 電話011-756-3600)

開場 18:30  開演 19:00
料金:予約\3,000 当日\3,500 ワンドリンク付き

出演:ロビン・ロイド [カリンバ、パーカッション、オーバートーン・フルート]
   嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

♪♪昨年の感動的な共演を再び!
 米国系関西人(^^)ロビンさんとの久しぶりの共演です!楽しみ。楽しみ。

〜ロビン・ロイド プロフィール〜
イリノイ州(USA)出身。 4 歳からドラム、 7歳からギターを始め、民族音楽(ワールド・ミュージック)を中心に学び、奏で、教えることに人生をかけてきた。
 大学卒業後、アジアを拠点に活動。 50 カ国以上を旅し、多くのミュージシャンと共に音楽を楽しみ、旅で出会う原生林や熱帯雨林、山や川、砂漠、鳥の声、動植物などからインスピレーションを得る。

  ソロでもグループでも活動し、カリンバ(アフリカ)、笛 ( アジア・ヨーロッパ ) 、尺八、三線、パーカッションなどさまざまな民族楽器に囲まれ、マルチ・プレイヤーとしての評価が高い。聴衆は 0 歳から 102 歳まで、会場はホームコンサートやお寺での演奏から文化ホールや野外の大会場までと幅広い。ワークショップも人気。また、お年寄りや障害を持つ方たちのた めの音楽療法の 実践と普及にも努めている。マスメディアはできる限り避けつつも、 20 枚以上のCD製作に参加し、折に触れラジオやテレビでその音楽が流れることがある。 2008 年 9 月に CD 付き絵詩集『 HAPPY BIRTHDAY Mr. B! 』、 2010 年 10 月に子供の世界を描いた詩集『 1 年に 1 度のアイスクリーム』を出版。

  音楽の他、エッセイを書いたり写真を撮ったり、長い散歩をしてお気に入りの喫茶店でチャイを飲みながら本を読んだりしていると幸せ。

【 ロビン・ロイド北海道ツアー 】

8月26日(金)釧路 ロビン&ペータ ライブ
8月27日(土)別海 ロビン&ペータ ライブ
9月 2日(金)長沼  ロビン&ペータ ライブ in こぐま座
9月 3日(土)札幌 ロビン&嵯峨治彦 ライブ in みんたる
9月 4日(日)恵庭  ロビン「カリンバパーティー」 ゲスト ヨミガタリストまっつ  ※ 4月現在。詳細ご確認の上お出かけ下さい。

 

●10/9(日) 遊牧の民の調べ

13:00開場 14:00開演
会場:アミカ(札幌市琴似2条3丁目共栄ビル4F 電話011-631-2822)

出演:Y.ネルグイ(馬頭琴)、ドルジパラム(馬頭琴、歌) 
解説・スライド:西村幹也
ゲスト:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)
料金:前売・予約\3,000 高校生以下\1,000 当日券+\500

※開場後に同会場で馬頭琴ワークショップ。どうぞご参加ください。
※終演後は会費\2,000で交流会があります。飛び入り演奏も歓迎!

♪♪ゴビから二人の馬頭琴弾きがやってくる。1人はお馴染みネルグイさん、そしてもう一人は若き日、あのネルグイ氏とコンテストで金メダルを競い合うライバルでもあったドルジパラムさん。彼は馬頭琴のスタンダード・ナンバー「ジョノン・ハル」を様々なスタイルで弾き分けるだけでなく、民謡、賛歌、物語の幅広い弾き語りも聴かせてくれる。

■ネルグイ

ゴビ砂漠に暮らす遊牧民馬頭琴奏者。幼少期に弦楽器を自作し野生馬のような奏法をマスター。ゴビの天才と讃えられ、彼の弾く「ジョノン・ハル」は馬頭琴コンクールの課題曲に選ばれるなど高い評価を受けている。第一文化功労者賞、北極星勲章を受賞。全モンゴル馬頭琴大会で9 回の受賞を誇る。

 

 

 

 

■ドルジパラム
 ドンドゴビ県デレン郡出身。現在同県ウルジート郡在住。
「馬頭琴と歌の故郷」と呼ばれ、20 世紀最高のオルティンドー ( モンゴル民謡)歌手とたたえられるノロブバンザド女史の故郷デレン郡にて、子供の頃より、周囲にいたたくさんの馬頭琴演奏者の得意とする 様々な楽曲を見よう見まねで覚え、現在に至る。
社会主義時代に収めた専門職業は医師。医師免許を取って後、しばらく医大にて教鞭をとった。現在は郡の幼稚園に勤務。子供たちに音楽を教えている。

全国芸術コンクール馬頭琴部門で金 メダル6 回、銀メダル1 回、銅メダル1 回、オルティンドー部門で銅 メダル1 回獲得した経歴を持つ。ゴビの天才馬頭琴弾きと称されるネ ルグイ氏 と常に金メダルを 競い合い、2003 年には CD「モンゴル国精選馬頭琴演奏者曲集 ( 非売品 ; ユネスコによる制作 )」に、馬頭琴曲ジョノンハルが収録されるに至 る。

2006 年にドンドゴビ県により最高馬頭琴奏者と認定を受け、さらに 2007 年には文科省により文化功労者勲章を授与された。舞台芸術化が進み、馬頭琴演奏者と歌手というように役割分担されていく中、馬頭琴による弾き語りが出来る演奏者は減っていったが、氏は民謡、賛歌、物語を弾き語りできる希有な演奏者とし て有名である。

「ウマウマウマ!馬頭琴特別シリーズ」 第3弾です!

 

●10/28(金) ちくだい教養人間講座

18:30 〜 20:00
とかちプラザ 視聴覚室 (帯広市西4条南13丁目1番地 電話:0155-22-7890) JR帯広駅徒歩3分

講師:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

受講料:無料 申込不要(直接ご来場ください)

♪♪帯広畜産大学公開講座・帯広市民大学講座として開講される 「ちくだい教養人間講座」 で演奏と講演をお聞き頂きます。
 別の日には民族楽器・民族音楽に関する
柴口順一教授の講義があり、こちらも受講されると一層お楽しみいただけると思います。

なお柴口さんは、以前のどうたの会の馬頭琴ワークショップにもご参加いただいたことがありました。そして柴口さんのご著書「大岡昇平と歴史」(翰林書房)の表紙の絵は、杉吉貢さんの作品で、モデルは、、、(^^)

 

TMF(Traditional Music Festival)デビュー戦の写真です。1996年札幌ペニーレーン24●12/2(金) 嵯峨治彦 廿周年記念ライブ <詳細未定>

会場:レストラン のや(札幌市中央区北二条東11-23-14 tel:011-210-5105)

出演:嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌、ドシプルール)

♪♪馬齢かさねて20年。心からの感謝を込めて。

「ウマウマウマ!馬頭琴特別シリーズ」 第4弾です!

 

[ 過去ログ ]

 


のどうたの会事務局
thro@sings.jp